青木内科・リハビリテーション科 さいたま市見沼区,東大宮駅 内科,糖尿病内科,内分泌代謝内科,漢方内科,リハビリテーション科

 ●睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時無呼吸症候群について

 

睡眠時のいびきや、日中の眠気が強い方は睡眠時無呼吸症候群が疑われます。 

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や糖尿病を増悪させますので、糖尿病や高血圧のかたは特に注意が必要です。

まずは当院で検査を行い重症度判定を行います。中等症までの人はマウスピース(歯科装具)での治療をお勧めします。マウスピースにより下顎を上顎より前方に出すことにより、気道を広く確保する治療法です。マウスピースは熟練した歯科医師が作成するため、その場合には、北部医療センター口腔外科などにご紹介させていただきます。

重症のかたはCPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)をお勧めします。CPAP療法を行う場合は、当院で治療を行います。

ご不明の点があれば、お気軽に当院までお問い合わせください。