青木内科・リハビリテーション科 さいたま市見沼区,東大宮駅 内科,糖尿病内科,内分泌代謝内科,漢方内科,リハビリテーション科

糖尿病専門医外来

糖尿病の治療方針

1型糖尿病

 絶対的なインスリン分泌不全が原因です。生理的にインスリンを補う事が大切となります。生理的にインスリンを補うために、インスリン頻回注射療法やインスリンポンプ療法の加療を推進していきます。1型糖尿病でも肥満があり、インスリン抵抗性が強いかたは、インスリン抵抗性改善薬(メトグルコやアクトスなど)の投薬も検討していきます。1型糖尿病の食事療法は、学会では食品交換表をもとにした指導を推奨していますが、食品交換表をもとにした食事療法ではうまくいかない患者様も多いです。そのような方には、欧米で普及しているカーボカウントを指導していきます。

 

2型糖尿病

 相対的なインスリン分泌不全および肥満によるインスリン抵抗性が原因です。2型糖尿病の治療に関しては、アメリカ糖尿病学会(ADA)やヨーロッパ糖尿病学会(EASD)では、治療ガイドラインを発表していますが、日本糖尿病学会(JDS)では、発表していません。欧米人と日本人では体格やインスリン分泌能が異なるため、ADAやEASDの治療ガイドラインをそのまま日本人に用いることは適さないため、患者様個人の体質を考慮して最適な治療法を検討していきます。糖尿病の病型にかかわらず糖尿病治療で一番大切な点は、「外因性および内因性のインスリン量をなるべく少量にしての、最良の血糖管理です。」血糖値を改善できても高インスリン血症を改善できなければ、動脈硬化やある種のがんの危険因子となります。当診療所では、インスリンを使用しなければならない患者様に対してはなるべく少量のインスリンでの管理を、経口薬での管理を必要とする患者様に対しては、血糖管理はもとより内因性のインスリン量を少なくするような経口薬をお勧めしていきます。

また、2型糖尿病患者様にとって、食事療法、運動療法はとても大切になっていきます。合併症や糖尿病病期を考慮した、食事、運動指導をしていきます。

 

高齢者糖尿病

 糖尿病の管理目標は、HbA1c(NGSP値)7%未満を目標とします(妊婦はさらに厳格なコントロールとなります)。HbA1c 7%未満に管理していると、糖尿病関連合併症が発症しないからです。しかし、HbA1c7%未満の管理ですと、治療法によっては低血糖が生じます。高齢者にとって低血糖は、一番避けなければならない有害事象です。高齢者糖尿病の場合は、残りの余命を考慮し、それに見合った血糖管理を行います。 

妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠

 胎児は低血糖には強いのですが、高血糖には大変弱いです。そのため、産科医と連携をとりながら厳密な血糖管理を実施していきます。1型糖尿病のかたは来るべき妊娠に備えて、妊娠前のインスリンポンプ治療をお勧めします。